好きなことを仕事にして稼ぐ こちらから>>

Webライターの収入はどれくらい?副業と専属の違いも解説

「Webライターを始めたいけど、収入がどれくらい増えるか分からず、足踏みしている」といった状態の人は多いです。

 

この記事では、上記のような悩みを抱えている人向けに、Webライターとしてどれくらいの収入を稼げるのかを紹介していきます。

 

フリーランスになりたいと思ったときに、Webライターとして身につけるスキルはそれほど高度なものではなく、努力を続ければ誰でもなれます。

 

「将来のフリーランス」を目指してこの記事を読むことによって、自分が今日からやるべきこともわかるかと思いますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

目次

Webライターってどのくらい収入を稼げるの?

Webライターとして稼げる収入は、副業ライターなら月5万円〜15万円、専業ライターなら30万円以上を稼げます

副業ライターなら月15万円は稼げる

Webライターとしての、稼ぎの計算式を始めに覚えておきましょう。

文字単価×記事数=Webライターの収入

上記となります。

 

文字単価を1円で受注して、月に20本の記事を書くとします。1記事の文字数が3,000文字だった場合、月の収入は60,000円となります。

 

副業ライターとして稼ぐとするなら、1日1記事書くとして、月5万円ならいけるかなと。

あとは「単価を上げていくゲーム」なので、1文字1円で受注できた時点で、月5万円は確定だと思って良いでしょう。

専業ライターなら月30万円を狙える

専業ライターとして活動するなら、月の収入が30万円を超えることは難しくないです。

もちろん独立してからも大変なことばかりだとは思いますし、それなりに記事を書き続ける必要がありますが、月30万円は狙えます。

 

1文字1円×60本×4,000文字=240,000円

上記の通りで、専業ライターなら「1日2本」の記事を書くことは難しくないかなと。

 

月24万円稼げるなら会社辞めれますよね。Webライター最高。

専業ライター歴4ヶ月目のぼくのライター収入

具体例として、ぼくのWebライター専業4ヶ月目の収入を公開します。

約41万円といったところですね。ぼくは23歳なのですが、多分同年代よりはそれなりに稼げていると思います。

 

執筆した記事数に関しては、大体45本ぐらいですかね。

なお、ぼくはディレクションといって「他の人に記事を外注して書いてもらっている」ということもしているので、これらも合わせると「売り上げは50万円」を超えます。

 

利益で41万円でているので、それなりに良い数字だと思いませんか。

こういったように、Webライターは普通に収入を稼げますし「一部の人しか稼げない」といった仕事ではありません。

誰でもWebライターとして収入を高められるの?

日本語が書けない」とか「主語と述語が分からない」みたいな人がライターとして稼ぐのは無理ゲーですが、中学生レベルの文章力があれば大丈夫かなと。

 

必須スキルとして「SEOライティング」というのがありますが、自分で記事を書いていくうちに慣れます。

不安なら「SEOとは」でググってみるのが良いかなと。

 

「自分にはWebライターとして収入を高められない」とやる前から悩むより、まずは記事を書いてみて、ライターとしての仕事を体感してみるのが大事です。

»参考:未経験からWebライターになる方法

Webライターはフリーランスにもなれる最高のスキル

ぼくは以前ブラック企業に勤めていたのですが、なんとかして「会社を辞めてえ」と思ってました。

 

そこで出会ったのがWebライターという働き方で、「日本語かければフリーランスになれるって最高じゃん」と思い、副業からスタートしました。

 

その後副業4ヶ月目で月10万円ほど稼げるようになった頃、無事にブラック企業を退職し、フリーランスになりました。

 

Webライターってフリーランスになるために最も手堅く稼げて、なおかつ収入を高められて、自由という最強の働き方だと思うんですよね。

 

プログラミングとか学ぼうとしたら、最低でも半年程度は勉強が必要です。

やっぱWebライターがコスパ良い。

 

何はともあれ、自分でチャレンジしてみるのが大切かなと思います。

Webライターとして収入を高めるコツを記事の後半で紹介しましたので、ぜひ参考にしてガンガン稼いでください。

Webライターとして収入を高めていくコツを4つ解説

Webライターが収入を高めるコツは4つです。

  • とにかく記事を書く時間を確保する
  • 文字単価をあげられる努力を続ける
  • Webライター同士の繋がりを持つ
  • SNSで自分のスキルを発信する

順番に見ていきましょう。

とにかく記事を書く時間を確保する

Webライターは記事を書かなければ稼げません。

先ほどもお伝えしたように「文字単価×記事数」なので、どちらかの数字を最大化させる必要があるんですね。

 

ぼくの場合は、文字単価が最高で4円、平均的には2〜2.5円で執筆しています。

 

Webライターの単価相場を解説の記事で、ライターのレベルに合わせた単価相場を紹介しているので、まずはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

自分の単価相場がわかったら、あとは記事を書き続けるだけです。

平日3時間・休日8時間

これぐらいの努力を続けたら、3ヶ月後には月10万円を狙えるかなと。

 

Webライター、夢ありすぎ。

文字単価を上げられるよう努力を続ける

記事を書き続けられる時間を確保できたら、次は「単価を上げるフェーズ」に入ります。

 

「単価ってどうやって上げるの?」と思うかもですが、方法はシンプルで「単価を上げてください」と伝えるだけです。

 

「そんなのこわーい」となってしまうかもですが、怖くならないように、事前準備が大切です。

  • 2ヶ月以上継続して納品している
  • 納期遅れなどは一切しない
  • コミュニケーションコストを下げる
  • SEOライティングを意識する
  • 常に付加価値を付けて納品する

Webライターをやったことがない人だと、上記を見ても「?」だと思いますが、書いていくうちに理解できるかと思います。

 

最重要は「継続して納品すること」ですので、方法はWebライターが継続案件を獲得する方法で紹介しています。

ライター同士で繋がりをもっておく

次に大切なことが、Webライター同士の繋がりです。

注意点として「同レベのライターと関わっても意味ない」という点は覚えておきましょう。

 

もちろん仲良くするなというわけじゃなくて、成長のためなら同レベと関わっても旨味が少ないということです。

 

自分より少し先を走っている人と繋がって、その人がどんな案件を受注しているのか、どんな人と繋がっているのかを研究します。

参考にする人がブログを書いているなら、文体をパクるなどして自分の武器に変えます。

 

参考にする人にギブを続けることで「引き上げてもらうこと」が可能になるので、繋がりはまじで大事ですよ。

SNSで自分のライターとしてのスキルを発信する

最後はSNSで自分を発信しましょう。

発信できるスキルがないなんて思わなくてOKです。

 

自分がやったことを素直に発信すれば良くて、

  • どんな案件を受注したのか
  • 案件をどうやって受注したのか
  • 継続案件なのか単発案件なのか
  • 何を意識して文章を書いたのか

みたいな感じでネタは溢れてるはずです。

 

SNSで発信ができると、SNS経由で仕事を獲得できるんですよね。仕事を獲得できれば収入も高まりますし、自分のファンも次第についてくるし、メリットしかないですよ。

»参考:WebライターがSNSから仕事を獲得する方法

Webライターとして稼げる収入について:まとめ

Webライターとして稼げる収入について紹介をしてきました。

フリーランスを目指せる仕事だし、Webライターで稼げるなら会社辞めれるし、縛られない生き方が可能になります

 

まずは副業で「月3万円」稼ぐことを目標にするのはどうでしょうか。

3万円でも人生変わりますよ、ほんとに。

 

未経験からでも全く問題ないので、収入を高めて幸福感に溢れる人生にしていきましょう。

»参考:未経験からWebライターになる方法

 

Webライター向け講座も開催しています

副業月15万稼ぐWebライターになるための講座もご用意しています。圧倒的格安すぎる金額での開催となっているので、Webライターとして稼ぐことに興味がある人はご連絡ください!

現在専業ライターとして月50万円稼ぐぼくのすべての知識を詰め込んだ講座です。控えめに言って超コスパ良いです(自分で言うスタイル)

»副業月15万稼ぐWebライターになるための講座

好きなことを仕事にして稼ぐ

くだらない仕事を抜け出す方法

好きなことをして稼ぐ人」が、なぜ好きなことでお金を稼げるのか知りたくないですか?

実はまったく難しい話ではなくて、ステップはたったの3つだけです。下記から情報を受け取ることで、あなたは「好きなことで稼ぐ自分」を手に入れることができます。

無料で知ることができるので、知ろうとしないのは損ですよね。
「まずは読んでみるか」ぐらいでOKですよ!

この記事を書いた人

高卒で就職→ブラック企業勤務→生きづらいと感じる→4月からフリーランス
ブラック企業で働いた経験を活かした自由へのブログです。

目次
閉じる