好きなことを仕事にして稼ぐ こちらから>>

未経験からWebライターになる方法【すべての手順を公開します】

「在宅で収入を増やしたい」と考える人は多いですが、数ある副業の中で自分に向いているものがわからず、結局何から初めて良いのか悩む人も非常に多いです。

 

こういった悩みを抱える人におすすめなのが「Webライター」という仕事で、在宅で月5万円以上の副収入を構築可能です。

 

この記事を書くぼくは、元々副業でライターを始めましたが、現在は月40万円以上稼げるフリーランスのライターになれました。

 

そこで今回は、副収入を増やしたいと考えている人向けに、Webライターのなり方を全公開します。手順はいくつかあるので、自分に合った方法でWebライターになりましょう。

 

記事の後半で「ライターとして稼ぐコツ」も伝授しますので、つらつらと読み進めてください。

目次

そもそもWebライターとはどのような仕事なのか簡単に解説

未経験からWebライターになる方法を解説する前に、そもそもWebライターの仕事内容を紹介します。

Webライターは「インターネット情報の文章」を書く仕事のことで、新聞記者や雑誌のライター様は、Webライターではありません。

 

具体的な仕事内容として「すべての記事はキーワードを前提に書く」ということを覚えておきましょう

 

インターネット上の文章は、すべて「インターネット情報の検索結果」に基づいて出来上がっています。

例えば以下のようなキーワードで、

  • クレジットカード 限度額
  • 缶コーヒー ランキング
  • 不動産会社 東京

「クレジットカード 限度額」というキーワードなら、クレジットカードの限度額を知りたい人が検索するキーワードになります。

 

こういった人が抱える悩みを表現したキーワードに対して、適切な情報を文章にまとめて、インターネット上で解決してあげるのがWebライターの仕事です。

 

ぼくは「人に対して思いやりがねえ」と常々周りの人に言われたりしますが、こんなぼくでも問題なく仕事として成立しています。

 

なので、まずは「難しそう」と感じても「自分で文章を書いてみる」ことが大切かなと。

そのための方法を、次で解説していきますね。

未経験からWebライターになる方法

未経験からWebライターになる方法は2つだけです。

  • Webライターとして就職する
  • フリーランスとしてライティング案件を受注する

メリットとデメリットを併せて、それぞれ解説していきます。

①:Webライターとして就職する

1つ目の方法がWebライターとして就職する方法です。

Webライターって圧倒的に人手不足でして(諸説あり)、Webライターを求める企業は増えています。

 

雇用形態はアルバイトが多く、とはいえ中途でも正社員で募集している企業は結構ありますね。

マイナビエージェント などに「Webライターとして就職できる会社希望」と伝えれば求人を提示してくれるので、気になる会社に応募すればOKです。

 

Webライターって資格とか一切必要のない仕事なので、勢いで未経験から就職できますね。

Webライターとして企業に就職するメリットとデメリット

Webライターとして就職した場合の最大のメリットは「お金を稼ぎながらスキルを学べること」かなと思います。また、ライターとして本格的に仕事している人は文章力も身についていますし、信頼性も高くて副業でも稼ぎやすいです。

 

デメリットは「会社に就職したら辞めづらい」ってところですかね。

フリーランスで稼ぐ方法に比べて時間的な自由も生まれにくいので、比較的時間がある主婦の方が、アルバイトとして入社するのは全然ありかなと思います。

 

Webライターとして就職した場合は、月給25万円+副業収入がが収入の目安になります。早い人だと、半年ほどで、本業と合わせて「月30万〜40万円」ぐらいの収入は稼げるはずです。

②:フリーランスとしてライティング案件を受注する

未経験からWebライターになる2つ目の方法が、フリーランスとしてライティング案件を受注する方法です。

個人で稼ぐ人は全員がフリーランスとして呼んで良いと思っているので、副業でもフリーランスとして表現しています。

 

なお、副業として始めるこの方法は、ぶっちゃけ「誰でもすぐにWebライターになれる」と言っても過言ではないです。

 

案件の受注も難しくないので、初めて1円以上をWebライターで稼げれば、それだけで「Webライターとして仕事をしている」と表現して良いと思います。

※具体的な案件受注方法は記事の後半で解説してます

未経験から稼げる具体的な相場感とは

Webライターとして活動していく上で、最も気になるのが収入面だと思います。

この記事を書いているぼくも、ライターを始めたのは「収入を増やして楽に生きていきたい」とゲスな目標をもっていたからで、お金を優先してライターを目指すのはありです。

 

Webライターが収入を増やすには「記事を書き続けるしかない」のですが、具体的な相場感は下記を想定しておけば、大きく間違いはないはず。

  • 1ヶ月目:1万円〜2万円
  • 2ヶ月目:3万円
  • 3ヶ月目:3万円〜5万円
  • 6ヶ月目〜1年:5万円〜15万円

どうでしょう。上記は「副業として計算」しているので、わりと美味しいと思いませんか。

 

ぼくは副業でライターを始めて4ヶ月目で月7万円を稼ぎ、6ヶ月目で月10万円を稼ぎました。

副業のスタートにはうってつけすぎます

収入面においても、自分の人生に残るスキルとしても、副業にWebライターをやるのは合理的な選択かなと思ってます。

 

というのも、収入面は先ほどに解説したので割愛しますが、ライターをやれば「ライティングスキル」という文章を書くスキルが身につきます。

 

ライティングスキルを持っている人って本当に少なくて、魅力的な文章とか、相手に伝わる文章を書けるだけで飯が食える時代です。

 

ライティングスキルがあれば、会社が嫌だなと思ったらすぐに辞められるし、場所に縛られないので田舎にも移住できます。

 

人生の幸福度を上げるスキルとして優秀すぎるので、今日から挑戦してみることをおすすめします。

具体的な仕事の獲得方法を後半で見ていきましょう。

未経験から大きく稼げるWebライターになる方法

未経験からWebライターとして稼いでいくには、下記の手順が最も堅実に、大きく稼げます。

  1. クラウドソーシングで月3万円の実績を作る
  2. SNS・広報案件・Wantedyとプラットフォームを分散させる
  3. 企業案件の継続案件を受注する

なお、上記の方法は月40万円ライターとして稼ぐぼくが、今もし1からライターとしてスタートするなら、という手順になってます。

 

順番通りに実行していくだけで、月5万円以上の副収入構築は難しくないです。

①:クラウドソーシングで月3万円の実績を作る

まずはクラウドソーシングで案件を受注しましょう。

クラウドソーシングとは「受注者と発注者を結ぶプラットフォーム」のことで、ライティングの案件が落ちています。

 

そういった案件に対して「私にやらせてください」と提案していくシステムになっていて、発注者がOKを出したら仕事が開始になります。

 

なお、このあたりは「習うより慣れろ」なので、実際に自分の目で案件を見てみるのが良いでしょう。

上記2つに登録すればすぐに案件を探せます。なお、登録料一切なし・完全無料で使い続けられるのでご安心ください。

 

✅クラウドソーシングで月3万円稼ぐ方法

クラウドソーシングには大きく分けて「プロジェクト案件」と「タスク案件」の2つがあります。

  • プロジェクト案件:プロジェクトごとに、ライターを募集するシステム。稼ぎやすい
  • タスク案件:アンケートなど、誰でもできる案件。単価が激安なのでやる必要なし

 

上記の感じで、プロジェクト案件に絞って探していきましょう。

「文字単価0.8円×10本」の記事を書けば、月3万円の稼ぎに到達できます。

②:SNS・広報案件・Wantedlyとプラットフォームを分散させる

クラウドソーシングで月3万円の収入を作ったら、次は別のプラットフォームからも案件を受注しましょう。

 

先にクラウドソーシングで実績を作る理由は、実績がないと、プラットフォームを移しても案件を受注できないからです。

 

クラウドソーシングは実績がなくても案件を受注できる唯一のプラットフォームなので、スタートは必ずクラウドソーシングにしましょう。

 

分散させるプラットフォームですが、下記がおすすめです。

  • SNS:Twitter・Facebook
  • 広報案件:「広報記事 ライター」とグーグル検索すれば案件がでてきます
  • Wantedly:受注者と発注者を結ぶSNSです。「Wantedly Visit」という無料のアプリがあります

どこに分散させるか」は自由ですが、無難なのはWantedlyです。スマホで案件チェックできるのでお手軽ですよ。

 

なお、なぜプラットフォームを分散させるかと言ったら、その分だけ案件が増えるからです。

案件が増えれば受注できる可能性も高まるし、その分だけ収入も増えます。

 

SNSからの仕事の獲得方法はWEBライターがSNSから案件を受注する方法にて解説してますので、この記事と併せて読んでおきましょう。

③:企業案件の継続案件を受注する

次のステップですが、企業案件を受注しましょう。企業案件を受注する理由は、財布の大きさが個人よりも大きいからです。

  • 企業の財布:月300万円
  • 個人の財布:月10万円

 

上記の通りで、企業案件を獲得できれば「高単価で、継続的に発注してくれる」という状態になります。控えめに言って神です

 

企業案件はクラウドソーシングにも落ちていますが、安定して獲得するにはWantedlyがおすすめです。

 

まずは提案→案件受注→本気で記事を書いて納品→継続案件獲得」という流れなので、まずは提案してみることが大切です。

 

なお、ぼく自身はWantedlyをそこまで使っていません。継続案件は「直接のメール営業」で獲得しているので、このあたりの方法が気になる人はTwitterでDMをいただければ伝授します( ̄▽ ̄)

»伊藤仁のTwitter

Webライターが安定して稼げるようになる領域

ここまでWebライターの稼ぎ方を紹介してきましたが、結局「どこを目指して頑張れば良いの?」と疑問に思うかもです。

こういった疑問に対しての結論は、「とにかく月3万円以上稼ごう」です。

 

お金を目的に活動していけば、次第にスキルも身につくし、稼げば稼ぐほど心も安定します。

なので、まずはクラウドソーシングで月3万円以上稼いでみてください。

 

自分で3万以上稼げると、「やべえ、もっと稼ぎてえ、頑張ろ」と思えます。

 

なお「Webライターで稼げない人の特徴」を下記のツイートにまとめたのでご覧ください。

上記の稼げない人の特徴を1つずつ排除すれば、まじで絶対稼げますので。

ぼくは上記の特徴をすべて排除したら40万円以上稼げましたし、幸福度は爆上がりしました。

未経験からでもWebライターになれるので、とにかく書きはじめよう

というわけで、未経験からWebライターになる方法を紹介してきました。

最後にお伝えしたいことは、下記のツイートです。

月5万円Webライターとして稼げたら、本当に胸張って良いと思います。誰でもできることではないので、自分では気づきにくいかもしれませんが、マジですごいです。

「だから頑張っていきましょう」という話になります。

 

この記事で疑問がある方は、Twitterで随時質問を受け付けてます。

おすすめの案件とかありますか?」みたいな質問でもOKなので、とにかく稼ぐためにぼくを使い倒してください。

 

というわけで、Webライターとして稼ぐ道のりを歩み始めましょう。

 

Webライター向け講座も開催しています

副業月15万稼ぐWebライターになるための講座もご用意しています。圧倒的格安すぎる金額での開催となっているので、Webライターとして稼ぐことに興味がある人はご連絡ください!

現在専業ライターとして月50万円稼ぐぼくのすべての知識を詰め込んだ講座です。控えめに言って超コスパ良いです(自分で言うスタイル)

»副業月15万稼ぐWebライターになるための講座

好きなことを仕事にして稼ぐ

くだらない仕事を抜け出す方法

好きなことをして稼ぐ人」が、なぜ好きなことでお金を稼げるのか知りたくないですか?

実はまったく難しい話ではなくて、ステップはたったの3つだけです。下記から情報を受け取ることで、あなたは「好きなことで稼ぐ自分」を手に入れることができます。

無料で知ることができるので、知ろうとしないのは損ですよね。
「まずは読んでみるか」ぐらいでOKですよ!

この記事を書いた人

高卒で就職→ブラック企業勤務→生きづらいと感じる→4月からフリーランス
ブラック企業で働いた経験を活かした自由へのブログです。

目次
閉じる