好きなことを仕事にして稼ぐ こちらから>>

仕事を辞めたいときに引継ぎは必要なのか議論について【不要です】

こんにちは、ブラック企業から無事脱出した伊藤仁です。

「仕事を辞める前に引継ぎしろ」みたいな風潮はありますが、個人的に「不要だろ」と思っています。

 

引き継ぎをしなければ困るのは、会社側の仕組み作りにそもそも問題点があると思うんですよね。

  • そもそもが人員不足
  • 引き継ぎをしないと業務が回らない
  • 他の社員がどんな仕事をしているのか分からない

これは「会社の管理不足」でしょうよと思ってしまうわけです。

会社の仕組みづくりが甘いのに「それを社員のせいにされてもねえ」って思いませんか。

 

もちろん、上顧客の機密情報を扱っている社員なら、圧倒的に細かい引継ぎは必要だと思いますが、そんな仕事はそこまでないはずです。

 

というわけで、この記事では「引継ぎは不要」の理由を紹介しつつ、会社を辞めたいなら今すぐに辞めようという話をしていきます。

 

ぼく自身は「会社を辞めたすぎて辞めた身」ですので、実体験に基づいて解説していきますね。

目次

会社を辞めたいときに引継ぎは不要です

繰り返しですが、引継ぎは不要です

会社の仕組みづくりにそもそも問題がある

あなたが今勤めている会社でやっている仕事は、おそらく会社側が配属を決定し、上司が仕事を振ってきているはずです。

 

ということは、仕事を管理しているのは「会社と上司」なわけで、なぜ会社を辞めたいあなたが引き継ぎをする必要があるのか逆に疑問です。

 

確かに、仲の良い同僚に「自分の仕事を任せると、さらに負担が大きくなってしまう」みたいな状況もわかります。

 

わかった上で、普通に会社のせいですし、極論言うと「同僚とも会社を辞めたら合わなくなる」のは普通ですので、そこまで気にしなくて良いと思います。

「人がいなくて仕事が回らない」←この件について

ぼくも言われましたが、会社を辞めるときに「今人がいないんだ」と、いかにも正当化したような文句を言われたんですが、どう考えても会社のせいでしょうよと思ったわけです。

 

逆にぼく1人残ったくらいで会社が存続し続けられるなら「俺1人の力やばくね!?」と思うし、危うく自分のスキルを勘違いしそうになってしまいました。

 

1人の社員が辞めても残っても、会社からすれば全然痛くもないですし、大半が「上司の勝手な押しつけ」である場合が大半です。

 

逆に1人辞めたぐらいで潰れるなら「その会社やばい」

退職代行サービスも存在するぐらいです

なお、ご存知の人もいるかもしれませんが、退職代行サービスというのが存在します。

これは、退職代行サービスにお金を払えば「明日から会社に行かなくて良い、退職手続き全部やってくれる、有給申請もしてくれる」という神サービスでして、当然のように引継ぎなんて存在しません。

 

つまり、こういった仕事が成立している以上、引継ぎなんて全然重要視されていないわけです。

 

退職代行サービスが気になる人はブラック企業の退職方法を3つ解説の記事で深堀りしているのでぜひどうぞ。

引継ぎが必要なのは非常に稀なケースです

とはいえ、冒頭で少し書いたように、引き継ぎが必要なケースもあるでしょう。

会社の上顧客の「あなたしか知らない情報」を取り扱っている場合は、それなりに引継ぎする必要があると思いますし、というか引継ぎした方が良いと思います。

 

ですが、引継ぎなんて1日で終わりますよね。

 

完全に個人的な意見ですが、引き継ぎが必要かどうか迷ってしまうのって、心の奥底では「もう少し働いといた方が良いかな」みたいな、会社を辞めることに対して不安があると思うんですよね。

 

ですが、この時代「一生1つの会社で働き続ける」なんて不可能ですし、人生で1回は誰でも転職する時代です。

 

それならば、今のうちに「転職慣れ」とかしといた方が良くないですか。

 

しかも、辞めたい会社で働き続けるって、どう考えてもストレス半端ないと思うし、それ意味ない気がします。

 

記事の後半で、会社を辞めたいときに取るべき具体的手順を紹介したので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

引継ぎどうこうの前に、会社を辞めたいならすぐに辞めよう

結論は「今すぐに転職先の会社を探しましょう」です。

転職先の会社を今すぐに探せばOKです

転職をしたことがない人だと、どうしても「今の会社がすべて」みたいな価値観に陥りがちです。

 

こういった価値観を持ってしまうと、今の労働環境が悪くても耐えようとしちゃうし、結果やりたくもない仕事を押しつけられて、人生の幸福度が下がります。

 

ですが、周りを見渡せば分かる通り「会社は無限に存在」しますよね。

 

だから、今すぐに転職先を探して、新しい会社で働き始めれば良いと思うんです。

どうせいつかは転職するときがきます。

 

辞めたい会社で耐えるなんて無駄な行為からは足を洗って、もっと楽しい人生をスタートさせましょうよ。

»参考:ブラック企業が少ない転職サイト・転職エージェント

あわせて読みたい
ブラック企業が少ない転職サイト・転職エージェントのまとめ3選
ブラック企業が少ない転職サイト・転職エージェントのまとめ3選こんにちは、脱ブラック企業を果たした伊藤仁です。ぼくは新卒で入社したブラック企業で4年間消耗し「こんなんで人生終われねえ」と思って会社を退職しました。当時はブ...

上記で完全無料のおすすめ転職サイトや転職エージェントを紹介しているので、すぐにでも転職先を探しましょう。

自分のやりたい仕事は何か確認してみよう

会社を辞めたいときの不安って、おそらく下記ではないでしょうか。

  • 転職先が決まるか不安
  • 次の会社で通用するか不安
  • 家族に心配をかけたくない
  • 何から始めて良いのか分からない

こういった感じだと思います。

 

しかし、上記の悩みは「転職エージェント」を使えば解決できますよ。

あなた専属の転職担当者が、あなたに合った案件を探してきてくれるし、履歴書作成から面接対策まですべて手伝ってくれます。

 

また、家族に心配をかけるかもしれないといった不安も、超不要だと思います。

 

  • 一時の転職を家族に伝えるか
  • 働きたくもない会社で死んだ顔をしながら働くか

      どっちが「家族を不安にさせるか」を考えたら、答えは出るはずです。

       

      自分のやりたい仕事や、働いてみたい会社で働きましょうよ。

      会社を辞めても全く問題ないしむしろ健全な判断です

      先日に、80歳まで雇用を伸ばしても良いというニュースが流れてきました。

      少子高齢化社会・年金問題などを考えれば、今の時代に生きている人は「一生働くこと」が確定しているようなもんです。

       

      それならば、なおさら「やりたい仕事」とか「気になる仕事」に挑戦するべきだと思います。

       

      だって、つまらない会社で80歳になるまで働く人生ってくそつまらないと思うし、毎日辛そうな「ああ、会社だるいな」なんて生き方はしたくないですよね。

       

      会社を辞めたいなら、本当に転職した方が良いと思いますよ。

      会社を辞めるときに引継ぎは不要です!:まとめ

      というわけで、この記事は以上とします。

       

      会社の引き継ぎは不要という話をしつつ、会社を辞めたいなら辞めましょうという解説でした。

       

      ぼく自身もブラック企業を辞めましたが、今は「自分のやりたくない仕事」は一切やっていないので、常に幸せに生きています。

       

      どうせ一度きりの人生ですし、仕事も何もかも全部楽しいこと、自分のやりたいことで生きていく方が幸せになれるはずです。

       

      引継ぎなんて気にしないで、今すぐに転職活動を始めましょう。

      »参考:ブラック企業が少ない転職サイト・転職エージェント

      あわせて読みたい
      ブラック企業が少ない転職サイト・転職エージェントのまとめ3選
      ブラック企業が少ない転職サイト・転職エージェントのまとめ3選こんにちは、脱ブラック企業を果たした伊藤仁です。ぼくは新卒で入社したブラック企業で4年間消耗し「こんなんで人生終われねえ」と思って会社を退職しました。当時はブ...

      好きなことを仕事にして稼ぐ

      くだらない仕事を抜け出す方法

      好きなことをして稼ぐ人」が、なぜ好きなことでお金を稼げるのか知りたくないですか?

      実はまったく難しい話ではなくて、ステップはたったの3つだけです。下記から情報を受け取ることで、あなたは「好きなことで稼ぐ自分」を手に入れることができます。

      無料で知ることができるので、知ろうとしないのは損ですよね。
      「まずは読んでみるか」ぐらいでOKですよ!

      この記事を書いた人

      高卒で就職→ブラック企業勤務→生きづらいと感じる→4月からフリーランス
      ブラック企業で働いた経験を活かした自由へのブログです。

      目次
      閉じる