好きなことを仕事にして稼ぐ こちらから>>

【現状維持は衰退】成長しないことを「安定」とは言わないと思う

こんにちは伊藤です。

常に成長できることを考えて生きていきます。

 

先日に下記のツイートをしました。


現状維持は衰退、というのは、自分が止まっているときに周りは成長しているという意味で、まじで現実はその通りだと思っています。それならぼくは止まらず進み続ける側を選んで、常に成長して生きていきたいです。今の自分は雑魚すぎて乙ですが、周りに負けず、昨日の自分に勝てるように毎日努力☺️

今回は「現状維持は衰退」について解説していこうと思います。

 

わりと「これからのあなたのやる気」に関わる部分だと思うので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

目次

現状維持は衰退とはどういう意味なのか

現状維持はどういう意味?

現状維持は衰退とは「自分は成長せず、周りは成長している状態」のことを指します。

自分は成長していない、周りは成長している状況

大半の人が毎日普通に会社に出勤して、当たり前に仕事をこなすだけでは、なんも成長していないですよね。

それは「現状維持」だと捉えられがちですが、周りの人間が「あなたより頑張っている」という状況なら、あなたは置いてけぼりになる一方ですよね。

 

これこそが現状維持は衰退の意味だと思っており、つまり「相対評価」で判断されるということです。

フリーランスを例に出してみます

現状維持は衰退の例として、フリーランスが分かりやすいかと思うので、例に出してみますね。

フリーランスは「自己責任・自己管理」が圧倒的に求められます。

しかも、当たり前の話ですが「自分に仕事がなければ給料0」の状態なので、普通に仕事を取り続けなければいけないわけですよね。

 

なのに、「自分を管理できず、自堕落な生活を送り、バイト暮らし」みたいなフリーランスがいることは事実です。

 

一方で、毎日鬼のように実績や経験を積み上げていくフリーランスもいて、確実に「両者の差」は開く一方ですよね。

 

✅会社員でも一緒

フリーランスを例に出しましたが、会社員でも全く一緒です。

会社員は「そこまで頑張ってない奴」と「めっちゃ頑張る奴」の給料は、同じ会社の中で働いていればそこまで変わらないのが現実です。

 

だから可視化しづらいだけですが、実は「市場から見た評価」は全く変わってきます。

 

転職市場を例に出すと、全然頑張ってない奴と、頑張ってる奴だったら「頑張ってる奴を採用したい」と思いませんか?

 

つまり、社内の中ではそこまで給料に差はないけど、気づかないうちに実力差はめっちゃ開いてる…。みたいな状況に陥りやすいです。

「自分だって成長している」というのは自己満

ですが、普通に毎日当たり前のように出勤していると、どこかで「自分だって毎日出勤してるし、成長してるだろ」と思うかもです。

 

まぁ本人がそう感じるならそれで良いですが、周りと比べてみたときにどうですか?という話です。

 

つまり、現状維持は衰退というのは、自分だけでは判断できないということですね。

 

たまに「周りは気にせず自分に集中しろ」みたいな意見もありますが、それは「ネガティブな意見に捉われるな」という意味です。

 

なので、成長したいなら「少しだけでも、周りと比べてみること」は大切ですよね。

現状維持は衰退なので進み続けるしかない

1回自問自答してみて欲しいです。

「周りと比べて今の自分のレベルはどのくらいなのか?劣っているのか。リードしているのか」

 

仮に「圧倒的に劣っている」という状態でも萎えないで欲しいです。これから頑張れば良いだけですからね。

あくまでこの自問自答は、自分の現在地を確認するためだけです

 

その現在地から、徐々に現状維持を抜け出して、成長していきましょう。

 

「でもどうやって成長すんねん」という疑問がわくと思うので、そこを記事の後半で解説しますね。

現状維持から抜け出していく方法とは

毎日少しの成功体験を積む

結論は「毎日少しの成功体験を積んでいく」に限ると思います。

毎日少しの成功体験を積んでいく

毎日少しの成功体験を積めば、自然と成長していきます。

 

じゃあ、なんで成功体験をすれば成長できるかと言ったら、その成長を感じるまでに「必ず失敗する」という過程があるからです。

 

「失敗→失敗→少しの成功→少しの成長」なので、まずは何でも良いので挑戦してみるべきだと思いますよ。

 

転職でも良いですし「今までやってみたかったけど、やってこなかったこと」など。挑戦なら何でもOK。

 

もしくは「会社内でプロダクトを作る」とかでも良いと思います。

最初は「ゴミ」みたいなものしかできないかもですが、その失敗を経験にしていけば、少しずつ成長できます。

夜寝る前と、朝起きてから目標を確認しよう

継続的に成長していくためには「毎日取り組む」ということが必要不可欠です。

 

なので、夜寝る前と、朝起きてから毎日「目標を確認」しましょう。

そして、目標を確認したら、その目標に足りないものを見つけて、1つずつ挑戦していくだけ。

 

めっっっちゃ簡単じゃないですか。

これを繰り返すだけで「成長の毎日」になります。

 

✅ぼくの目標と挑戦

ちょっと具体例として、ぼくの目標を出してみますね。

「拝金主義乙」とか思われても良いので書きますが、ぼくの目標は「月100万円稼ぐこと」です。

 

人によっては「目標が小さい」と思うかもですが、何も問題なしです。

 

ぼくはこの目標を「常に思い続けている」と言っても過言ではないくらい、思い続けています。

 

そして、その目標を達成するために、ライター(記事を書く仕事)を毎日1万文字以上、YouTubeを毎日更新、このブログを書いたりしています。

毎日挑戦です。

挑戦する環境だけは、間違えないようにしよう

1つだけ挑戦の注意点があります。

注意点と言うか、アドバイスです。

 

それは「挑戦する環境」です。例えば「飲食店のアルバイト」が分かりやすいですが、飲食店のアルバイトを頑張っても、正直「消耗するだけ」で、スキルとか残らないですよね。

 

あとは「先が暗い会社での挑戦」とかも、実は「自分のためより会社のためになる」という状態で、あんまり挑戦の旨みが少ないと思います。

 

なので、まずやるべきことは「環境整備→永遠に挑戦」だと、ぼくは個人的に思っています。

 

もしあなたが「今の会社以外で、挑戦したいことがある」という感じなら、すぐに環境を変えましょう。

 

もしくは「多分このまま働き続けても、成長どころか衰退する」と思っているなら、すぐに環境を変えましょう。

どうせ辞めるなら早い方が良いですよ。

 

ぼくも以前ブラック企業に勤めていたのですが、未来がないと思ったので、シンプルに辞めました。

 

会社の辞め方と転職方法は下記の動画を参考にしてください。

「毎月の成長がない」ならそれは一定である

オンラインサロンなどを運営されている「りゅうけんさん」という人がいるのですが、「本質過ぎる」ツイートをしていたので、下記に貼っておきます。

当たり前の話ですが、成長しないことを「安定」と言ってしまうのはバカです。
毎日成長してこそ「安定」だと思うので、まずは環境整備して、挑戦しましょう。

現状維持は衰退から抜け出しましょう:まとめ

現状維持は衰退

というわけで本記事は以上です。

現状維持は衰退なので、まずは「昨日の自分より成長していること」を意識してみてください。

 

ぼくは「常に成長しないと焦りまくる」という性格なので、今日も挑戦しています。

 

自分が目標とするところへ到達できるように、今日の今から行動をしていきましょう。

 

おすすめの転職エージェントまとめ

好きなことを仕事にして稼ぐ

くだらない仕事を抜け出す方法

好きなことをして稼ぐ人」が、なぜ好きなことでお金を稼げるのか知りたくないですか?

実はまったく難しい話ではなくて、ステップはたったの3つだけです。下記から情報を受け取ることで、あなたは「好きなことで稼ぐ自分」を手に入れることができます。

無料で知ることができるので、知ろうとしないのは損ですよね。
「まずは読んでみるか」ぐらいでOKですよ!

この記事を書いた人

高卒で就職→ブラック企業勤務→生きづらいと感じる→4月からフリーランス
ブラック企業で働いた経験を活かした自由へのブログです。

目次
閉じる