好きなことを仕事にして稼ぐ こちらから>>

webライターの単価相場を解説【1円は初心者には高いです】

こんにちは、フリーランスのライターとして活動している伊藤仁です。

ライターとして活動するなら、自分の適性の文字単価を知ることは非常に重要です。

 

本来は3円で書けるのに1円で消耗している場合や、2円のスキルすらないのに2円で書いているなど。自分とクライアント、両者が幸せに関わるためにも自分の文字単価を知ることは超大切。

 

そこで今回は、それぞれのライターレベル別に、どのくらいの文字単価が適切なのか紹介します。ちなみに主観もたくさん入るのでご了承ください。

 

なお、記事の後半で単価を上げる方法も解説してるので、ライター収入を上げたい人は参考までにどうぞ。

目次

webライターのレベル別に見る単価相場とは

下記の単価相場で、あながち間違いはないはずです。

  • 完全初心者:0.5円
  • SEOが分かるライター:1円
  • 専門性の高いライター:2円

なお、仕事の取り方は大半の人がクラウドソーシングだと思うので、クラウドソーシングをベースに考えてます。

 

上記を基準にして、後はどれだけ継続的に納品ができるか、もしくは記事を書く+で付加価値を提供できるかが重要です。

完全初心者ライターの単価相場:0.5円

完全初心者のライターは、~0.5円ぐらいの案件が妥当かなと思います。もちろんクライアントにもよりますが、1円とかの案件はぶっちゃけ厳しい。

 

理由として、完全初心者のライターは「スキルなし・信頼なし・実績なし・付加価値なし」の状態からスタートするからです。

 

あなたがクライアントだとしたら、初めて記事を書くライターにどんな案件を依頼しますか。

誰でも書ける簡単な記事ですよね。

 

つまり、誰でも書ける記事に価値は全くなくて、これから始める人は0.5円ぐらいの案件を中心に狙えばOKです。0.5円なら結局、競合も少ないし結果的に稼げます。

SEOが分かるライターの単価相場:1円

ブログを運営しているライターなど、最低限のSEO知識がある人は~1円ぐらいが相場かなと思います。ワンチャン1.5円ぐらいはいけるかも。

 

「ちょっと安くない?」と思うかもですが、最近は企業側でマニュアルもしっかりと用意してくれているし、発注者もガチでSEO1位を獲得してくれるなんて思っていません。

 

「完全初心者で1円の案件を獲得できる」なんてことは幻想に過ぎなくて、もちろんチャンスはあるけど、どうせ頼むならSEOが分かっているライターに頼みます。

専門性のあるライターの単価相場:2円

専門性はジャンル次第ではありますが、~2円は必ず取れるでしょう。継続的に案件を発注してもらえれば、3円ぐらいまでは伸ばせます。

 

なお、繰り返しですが、クラウドソーシングを基準に紹介しています。ですので、プラットフォームを変えれば手数料も引かれないし、単価を上げることも全然可能です。

付加価値のあるライターは文字単価が上がりやすい

クラウドソーシングでも、単価を上げることは可能です。

ここで言う付加価値とは、下記になります。

  • 納品本数が多いこと
  • スピード感があること
  • 修正対応が迅速なこと
  • リライトまで提案してくれること
  • 執筆できるジャンルが幅広いこと
  • 本格的なSEOライティングができること

下に進むごとに付加価値のレベルが高くなると思っていて、要は「あなたはどこのレベルにいるのか」を確かめて欲しいです。

 

付加価値の数に応じて、こちらから単価交渉するときも有利になりますし、クライアントも納得してくれるでしょう。

 

記事の後半では、実際に文字単価を上げるためにできることを紹介しますね。

webライターとして文字単価を上げる方法

では早速、webライターとして文字単価を上げる方法を紹介します。

ぼく自身は、今から紹介する方法を実践して「文字単価4円」の案件を獲得し、フリーランスになって3か月目で月収40万円を超えました。

 

方法は下記の通りです。

  • プラットフォームを変えること
  • 毎日の案件確認を忘れないこと
  • 単発の案件は受注しないこと
  • 自分を安売りしないこと
  • ひとまずスキルアップに専念すること
  • 付加価値がある人材に成長すること

ちょっと多いので簡単に説明していきますが、自分が実践できそうなものから始めればOKです。大切なのは1つでも実践することなので。

プラットフォームを変えること

1つ目はプラットフォームを変えることです。

 

現状クラウドソーシングでしか案件を受注したことがない人は、一時的に収入が減ったとしても、別のプラットフォームでの案件獲得に力を入れましょう。

 

クラウドソーシングは「安売りの戦場」です。クライアントは「安く発注できれば良い」と思っているので、そこで戦い続けるのはナンセンスです。

 

他のプラットフォームに戦場を移せば、単価が2倍になったとか余裕でありますので。ちなみにぼくもその中の1人。

 

具体的には、下記がおすすめです。

  • Wantedly
  • webの広報案件
  • ココナラでスキル出品
  • 企業にメールで営業する

まずはWantedlyに登録すると良いですよ。無料ですし、スマホからも案件をチェックできるので、お手軽です。

 

ココナラとかも、一度出品してしまえば、受注するのを待つだけです。

 

ちなみに、ぼくは企業にメール営業することを心掛けていまして、6月は30社に送って1社から仕事をいただけました。

毎日の案件確認を忘れないこと

2つ目は、毎日の案件確認を忘れないことです。

クラウドソーシングでもWantedlyでも、どんな案件がでているのか、毎日確認しましょう。

 

案件の中で、自分にできそうなものがあれば速攻で提案します。

 

結局のところ、みんな稼ぎたいって言うけど「行動しない人」が大半なので、要は行動した分だけ稼げる確率が上がるし、実績も付いて将来の自分が楽になります。

単発の案件は受注しないこと

3つ目は、単発の案件は受注しないことです。

  • 1記事書いて3,000円→終了
  • 2記事書いて5,000円→終了

みたいな案件はたくさんありますが、消耗するのでNGです。

 

単発の案件ばかりだと、結局提案や営業に時間がかかるし、作業効率が落ちます。

 

継続案件を獲得するしかないですが、このあたりは長くなるのでwebライターが継続案件を獲得する方法をチェックしてください。

自分を安売りしないこと

4つ目は、自分を安売りしないことです。

単価の高い案件に何でも提案しろ」というわけではなくて、まずは自分の単価相場を知りましょう。

 

相場を知ったら、絶対に相場以下の案件には提案しない、営業しないことを心がけます。

 

本来1円で書けるのに、0.5円で書いてたらもったいないですし、稼げた分を損していることになります。

ひとまずスキルアップに専念すること

5つ目は、ひとまずスキルアップに専念することです。

 

webライターでもなんでもそうですが、スキルアップし続ける人だけが稼ぎ続けられるし、継続的に案件も受注できます。

 

なので「自分にはスキルが足りないな」と思ったら、上を見ながら頑張るのではなく、まずは目の前の案件に徹底的にコミットしましょう

 

もっと目の前のクライアントに喜んでもらえるためには、何をすれば良いのかを考えて納品しましょう。

これができると、まじで他の案件も紹介してもらえますからね。目の前の仕事とクライアントを大切にしましょう。

付加価値がある人材に成長すること

最後は、付加価値のある人材に成長することです。

先ほど書いた付加価値とは違って、もう1つ上のレベルの付加価値になります。

 

  • webライター×デザインスキル→LPを書ける付加価値
  • webライター×プログラミングスキル→サイト制作から記事の入れ込みまで担当できる付加価値
  • webライター×マーケティングスキル→ディレクションができる付加価値

例えば上記の通りです。

 

例えば「ライターあんまり稼げないし、どうしよう」と悩んでるなら、一旦別のスキルを身に付けましょう。結果的に、ライターをやっていた経験は後々活きてくるので安心してください。

 

なお、付加価値の部分で発信が魅力的だな。と思う方たちを個人的に紹介します。

  • ともみさん(@tomomi3827):コーディングの勉強をされていて、LP案件獲得に熱心なので要チェックです

  • MAMIKOさん(@yumebangkok):主婦向けの発信をされているので、主婦の方は要チェックです

  • あきらさん(@KINJOU_AKIRA):ブログ情報が中心なので、ブログ×ライターで稼ぎたい人はフォロー必須

  • 花 恵理さん(@writerERI):専門性の高い情報を発信(ライター活動は一時休止みたいですが、ブログはま
    じで勉強になる)

  • ぼく(伊藤 仁)です(@jinblog_jin):プログラミング×ライターで案件獲得を目指してます

みなさん良い方たちなので、これからライターとして稼ぎたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

というわけでこの記事は終了にします。

 

自分の単価相場を確認しつつ、目の前の案件にコミットしていきましょう。

好きなことを仕事にして稼ぐ

くだらない仕事を抜け出す方法

好きなことをして稼ぐ人」が、なぜ好きなことでお金を稼げるのか知りたくないですか?

実はまったく難しい話ではなくて、ステップはたったの3つだけです。下記から情報を受け取ることで、あなたは「好きなことで稼ぐ自分」を手に入れることができます。

無料で知ることができるので、知ろうとしないのは損ですよね。
「まずは読んでみるか」ぐらいでOKですよ!

この記事を書いた人

高卒で就職→ブラック企業勤務→生きづらいと感じる→4月からフリーランス
ブラック企業で働いた経験を活かした自由へのブログです。

目次
閉じる