好きなことを仕事にして稼ぐ こちらから>>

コロナウイルスが流行る今こそ「帰休」を利用して環境を変えよう

コロナウイルスが流行る中、一時帰休制度を受けている会社員の方も多いと思います。

本記事では、帰休で仕事から離れている時間を利用し、「今働いている会社が苦痛」という方に向けて、環境を変えようという趣旨で記事を進めていきます。

 

本記事の内容

  • そもそも帰休とは
  • 帰休を利用して環境を変えるべき
  • おまけ:テレワークできる企業を選ぼう

 

コロナウイルスに関して言及する記事ではございませんので、あくまで「帰休を利用し、嫌な環境を抜け出そう」という流れで記事を書いていきます。

目次

そもそも帰休って何ですか?

コロナウイルスと帰休

そもそも「帰休」とは、会社側が一時的に売り上げが下がってしまい、従業員に割り振る仕事がなく、経営難に陥ってしまった場合に「従業員を一時的に休ませる制度」のことです。

企業側は労働基準法26条で一時帰休を認めていますが、「平均賃金の6割以上」を支払うことを義務付けています。
»26条(休業手当) | 労働基準法の関連施行規則/関連通達

 

コロナウイルスの影響を受けてしまっている企業があると思いますが、「リストラはしたくないけど、満足に給料を支払うこともできない」ということで帰休につながります。

一時帰休と一時解雇の違い

この一時帰休とは別に「一時解雇」という言葉があります。

  • 一時帰休:6割以上の賃金が保証され、「休み」という状態のこと
  • 一時解雇:「解雇」なので、給料もでず再雇用の時期もわからない

ざっくりですが上記の違いがあります。

 

一時解雇になってしまうと、給料もでないですし再雇用のメドも立ちません。

「一時帰休」に関しては、リーマンショックの影響を受けて「トヨタ」などが使っていましたね。

一時帰休を利用しない手はない

というわけで、現状一時帰休で休んでいる会社員で、「現在働いている会社がストレス」という方や、「他にやりたいことがあるけど、時間がなくて転職できなかった」という方は、帰休を利用し環境を変えましょう。

 

※今すぐ転職できないという方は、ブラック企業から転職したいけど時間がないときの解決策をどうぞ。

時間がある今こそチャンスなので、手順を後半で解説します。

帰休を利用し、環境を変える手順

帰休を利用し環境を変えよう

手順は下記の通りです。

  • やりたいことを確認する
  • やりたいことができる企業を探す
  • 転職における注意点を解説

順番に解説していきます。

やりたいことをまず確認する

まずはやりたいことを確認しましょう。

現状の会社がストレスである理由は、人間関係が上手くいかないという理由もあるかもですが、それより「やりたいことがやれてない」という事実こそストレスだと思います。

 

なので、まずはやりたいことをやりましょう。

ぼく自身も以前ブラック企業に勤めていましたが、「記事を書く仕事」で生きていきたくて、会社を辞めました。

 

現在はこのブログ( jinblog )だったり、ライティング(記事を書いて納品する仕事)をして生きています。

やりたいことで稼ぐことは可能なので、やりたいことで生きていきましょう。

やりたいことができる企業を探す

自分のやりたいことが固まったら、実際に「やりたいことができる企業」を探してみましょう。

現代は「売り手市場」ですし、未経験OKの会社もたくさん存在します。

 

実際に求人を探すには転職サイトやエージェントを使うのがベストです。

 

というのも、ハローワークなどを利用しても良いのですが「ブラック企業の掲載率が高い」というデメリットがあります。

 

やりたいことをやりたかったのに、ブラック企業に転職してしまうのは最悪です。

このあたりはブラック企業の7つの基準を解説【完全回避で幸せに生きよう】をセットで読んでください。

 

上記を踏まえて、使うべき転職サイトとやエージェントは下記がおすすめです。

 

✅おすすめの転職サイト・転職エージェント

  • リクナビNEXT 求人数が圧倒的です。確実に登録しておきましょう。
  • マイナビエージェント 信頼性も厚く、非公開求人も多数取り扱っています。こちらも確実に登録しておきましょう。
  • DYM就職 就職率はダントツの96%。最短で転職可能です。

登録は1分で終わります。

完全無料ですし、今登録しておくことでいつでも求人を確認することができます。

 

気になる求人を見つけたら転職活動に進む形でOKですので、上から順番に登録しときましょう。

注意点:焦らないこと

実際に気になる求人があると「今すぐ転職したい」と思うかもですが、焦らないことが大切です。

というのも、転職の事前準備が足りず「ブラック企業に転職してしまった人」や、「思っていた企業と違った」という結果に終わる可能性があるからです。

 

転職エージェントなら専属のパートナーが付くので、自分の不安要素を消すまで相談しましょう。

 

「あなた自身も企業を選び立場」にあることを忘れずに、自分のやりたいことができる企業かつ、ストレスない会社で働ければ最高ですね。

 

また、下記の記事でブラック企業に転職しない方法と、転職のコツも解説しているので、本記事とセットでどうぞ。

»ブラック企業が少ない転職サイトのまとめ3選【転職のコツも解説】

テレワーク化が進む企業はおすすめ

ここは若干おまけになります。

ぼく自身やりたいことをやって生きていくのが素晴らしいと思っているので、あくまで選択肢の一つとして読んで欲しいのですが、「テレワーク化」が進む企業はおすすめです。

※テレワーク=在宅ワーク

 

というのも、ぼく自身がテレワークで仕事をしています。仕事のために家からでませんし、もちろん満員電車に乗る確率は0%です。

 

しかも「朝起きて1分」で仕事ができます。今までは通勤に使っていた30分を仕事にあてられますし、効率が爆上がりしました。

基本大抵の仕事は在宅でできると思います。

 

コロナウイルスはもちろんですが、オフィスに出社すると風邪とかうつるかもですし、嫌な上司と顔を合わせなきゃいけないですし、満員電車とかやばすぎです。

 

テレワークがしやすいのは比較的web系企業だと思います。

ぼく自身もwebの世界で生きていますし、メリットはありまくりなので心からおすすめですね。

 

web系企業に強い転職エージェントはマイナビエージェントをどうぞ。

転職決定人数もナンバーワンの会社で、実績も十分です。

帰休を利用し、環境を変えよう

ブラック企業を変えるのは難しい

というわけで本記事は以上です。

時間って常にたくさんあるわけではないですし、帰休が終わってまた仕事が忙しくなったら、環境を変えるのもしんどくなります。

 

時間がある今こそ最大のチャンスだと思いますので、チャンスに波乗りして環境を変える準備を進めましょう。

 

✅おすすめの転職サイト・転職エージェント

  • リクナビNEXT 求人数が圧倒的です。確実に登録しておきましょう。
  • マイナビエージェント 信頼性も厚く、非公開求人も多数取り扱っています。こちらも確実に登録しておきましょう。
  • DYM就職 就職率はダントツの96%。最短で転職可能です。

 

上記に登録しつつやりたいことができる企業を探してみましょう。

人気記事ブラック企業が少ない転職サイトのまとめ3選【転職のコツも解説】

 

おすすめの転職エージェントまとめ

好きなことを仕事にして稼ぐ

くだらない仕事を抜け出す方法

好きなことをして稼ぐ人」が、なぜ好きなことでお金を稼げるのか知りたくないですか?

実はまったく難しい話ではなくて、ステップはたったの3つだけです。下記から情報を受け取ることで、あなたは「好きなことで稼ぐ自分」を手に入れることができます。

無料で知ることができるので、知ろうとしないのは損ですよね。
「まずは読んでみるか」ぐらいでOKですよ!

この記事を書いた人

高卒で就職→ブラック企業勤務→生きづらいと感じる→4月からフリーランス
ブラック企業で働いた経験を活かした自由へのブログです。

目次
閉じる