好きなことを仕事にして稼ぐ こちらから>>

【4つある】転職で失敗してしまう人の特徴【失敗したぼくが語ります】

こんにちは。伊藤仁です。ぼくは18歳の高卒から就職して仕事を始めたんですが、21歳のときに転職を決意しました。どうしてもやりたい仕事があったので試験を受けたのですが、落とされました。

幸いにも「面接は完璧だった」と言われたんですが、どうも志望する職業に適性がなかったようです

»参考:第二新卒で仕事が決まらないときの対処法

 

さて、ぼく自身は転職に失敗したわけですが、ぼくを落とした企業の採用担当者に「なぜぼくを落としたんですか?」と質問をしました。そこで得られた回答から、転職に失敗する人の特徴が分かったので記事で解説していきます。

 

特徴を抑えて対処法を学べば、確実に転職で成功できます。対処法まで細かくお伝えするのでご安心を。

転職に失敗したくない人は見ていきましょう。

目次

転職で失敗する人の特徴は4つある

早速、転職で失敗する人の特徴を見ていきましょう。転職で失敗する人は、例外なく今から紹介する特徴に当てはまりまくってます。あなたがもし転職で失敗してしまったなら、まずは自己分析がマジで大切。

1つずつ解説していきます。

失敗する人の特徴①:軸が定まっていない

1つ目の特徴は、転職の軸が定まっていない人です。

  • 自分は何をやりたいのか
  • そもそもなぜ転職するのか
  • 何を基準に会社を決めるのか

これらを明確に答えれない人は厳しいです。今から転職をしようとしてるのに「なんで転職したいんだろう?」と疑問に感じる人を見たら、あなたも「大丈夫かあいつ」ってなりますよね。

 

なぜ転職したいのか、やりたいことは何なのか、本当にそれは転職をしないと叶えられないことなのかを今一度確認するべきです。

失敗する人の特徴②:転職先企業とマッチしていない

2つ目の特徴は、転職先の企業とあなた自身がマッチしていないことです。体育会系の会社が引きこもりを採用したくないように、あなたが働いてみたい会社があなたを求めていない可能性があります。

 

でもこれって、全くネガティブな話でもないし、よく起こりえることなんですよね。

 

世の中を見れば分かると思いますが、無限に見えるほどたくさんの会社が存在しています。その中にはあなたを求める会社もあるだろうし、求めない会社もある。当然ですよね。

 

人間関係も「全員に好かれる」なんて無理でしょ。企業の風土とか、どのような雰囲気を重視している会社なのかを見極めましょう。

ちなみにこのあたりは後述しますが、転職エージェントを使えば1発で解決するのでご安心ください。

失敗する人の特徴③:シンプルに努力が足りない

3つ目の特徴は、シンプルに努力不足です。

働きたい企業のリサーチをどれだけやったのか、ということです。

 

もしくは、今の会社での努力が足りていない人も大勢いるはずです。あんま頑張って働いてこなかったけど、いきなり「年収300万円以上高めたい」なんて言っても、無視が良い話ですよね。

 

ですので、自分が目指す将来像に向けて、自分の今の努力は足りているのか、適切なのかを見極めることが大切です。

今日やったことは将来のあなたの土台になるので、転職にふさわしい努力をしてきたのか、という問いに対して、自信をもって答えれるならすぐに転職成功できると思いますよ。

失敗する人の特徴④:転職エージェントを使っていない

4つ目の特徴は、転職エージェントを使っていないことですね。転職エージェントはメリットしかないサービスですが、なぜか使わない人がいるという不思議。

  • 面接対策・履歴書の添削をしてくれる
  • 働きたい企業を提案してくれる
  • 年収交渉をしてくれる
  • 完全無料で使える

上記のメリットがあります。つまり「転職における微妙にメンドイことはすべて対応してくれる」神のようなサービスです。ちなみに完全無料というのも美味しいところですね。

 

年収交渉もしてくれるので、今の自分よりはるかに高い年収に高めることも可能ですよ。

 

ぼくは年収300万円ちょいの会社員でしたが、当時は450万円の求人を紹介してくれました。この時点で「年収交渉をしていない状態」ですので、最終的に500万ぐらいはいったかも。

雰囲気に流されず、自分の軸を信じれば転職は成功できる

最終的にまとめると、雰囲気に流されずに、自分の軸を信じれば転職は成功できます。

雰囲気とは、あまりよく分かっていないけど「現状の社会の風潮は〇〇だから〇〇をやっておこう」みたいな、そんな感じです。

 

それよりも、今やりたいこととか大切にしていることとか、それらを実現できる会社に勤めたほうが100倍幸せになれますよ、ほんとに。

有名家電量販店のコジマは、80歳まで就業可能にしたそうです。後々他の企業にも延長の流れが押し寄せることは間違いないわけでして。

 

だから、辛いですが死ぬまで労働することは確定してます。それなら、どう考えても「楽しいと感じる仕事」や「やってみたい仕事」で生きていく人生の方が楽しいでしょ。

 

雰囲気とか周りの風潮とかただの誤差。

自分がやりたい仕事をやりましょう。

転職に失敗しないために今日からできる対処法

転職で失敗しないために、今日からできる対処法を伝授していきます。今から紹介する対処法をすべて実践すれば、自分が希望する会社への就職はまじで余裕です。

まずは転職エージェントは確実に登録しておこう

まずやるべきことは、転職エージェントへの登録です。ここだけは避けて通れない対処法なので、ブラック企業が少ない転職サイト・転職エージェントの記事を参考にしてください。

 

元もとブラック企業で働いたぼくが、ブラック企業を除外して扱っている転職エージェントだけを厳選して紹介してます。

 

転職エージェントはこれから先の人生で一度は必ず使うサービスだし、一回登録すれば自動で求人のメールが流れてきます。つまり「手間が一切ない」

まずは登録しつつ、もう一度この記事に戻ってきてください。

»参考:ブラック企業が少ない転職サイト・転職エージェント

なぜ転職をしたいのかを明確にし、希望が叶う企業だけに絞り込む

転職エージェントに登録したら、必ず「どんな企業に転職したいですか?」と聞かれます。

ここでチキらず、自分の転職したい企業をそのまま伝えてください。企業が決まっていなければ「年収は〇〇万円希望」とか「〇〇の仕事希望」とはっきり伝えましょう。

 

ぶっちゃけ、ここではっきりと伝えられるかどうかで良い企業に勤められるかが決まります。

 

あなた以外にも登録している人はたくさんいるわけなので、転職エージェントからしたら「なるべく熱意の高い人」に良い企業に就職してほしいわけですよ。

それが「う~ん、あんま希望ないっすね」みたいな奴に良い企業を紹介するわけないのは分かりますよね。

 

まじで最初は熱意が大切です。

軸がぶれると面接でカマせない

次に大切にすることは、転職の軸です。

転職の軸が決まらないと、面接でばっちりカマせないんですよね。

 

軸がないのに明確に質問に答えれるわけないし、カマせない奴は速攻で落とされます。ちなみにぼくは面接が鬼得意なので、その極意は就活でうまくいく気がしないあなたに贈る絶対就活で受かる方法で伝授してます。

 

面接は、自分の軸さえぶらさなければ、後は「ハッタリをカマし続けるだけのゲーム」です。

自分の軸の中だけに話を限定させて、大きく魅せれば勝てます。

最後は自分を信じて挑めば問題なく転職できる

そろそろ記事も終わりにしようかと思いますが、ちょっと最後に根性論みたいな話をします。

 

転職で失敗する人ってある意味「優しい人」が多いのかなと思っていて、ビビってしまったり、準備は頑張ったけどカマせないという人が多いです。

 

でも、絶対あなたのことを欲しいと思う企業は存在するし、あなた自身も「企業を選ぶ立場」にあることを忘れないで欲しいなと思います。

どこで働こうがあなたの自由だし、そもそも働くか働かないのか決めるのもあなたですしね。

 

なので、自分に自信をもって企業を選んでいけば、自ずと成功できるかなと。

 

モリモリカマしてきてください!転職は絶対に成功しますよ。

 

✅転職エージェントの登録はこちらから

あわせて読みたい
ブラック企業が少ない転職サイト・転職エージェントのまとめ3選
ブラック企業が少ない転職サイト・転職エージェントのまとめ3選こんにちは、脱ブラック企業を果たした伊藤仁です。ぼくは新卒で入社したブラック企業で4年間消耗し「こんなんで人生終われねえ」と思って会社を退職しました。当時はブ...

好きなことを仕事にして稼ぐ

くだらない仕事を抜け出す方法

好きなことをして稼ぐ人」が、なぜ好きなことでお金を稼げるのか知りたくないですか?

実はまったく難しい話ではなくて、ステップはたったの3つだけです。下記から情報を受け取ることで、あなたは「好きなことで稼ぐ自分」を手に入れることができます。

無料で知ることができるので、知ろうとしないのは損ですよね。
「まずは読んでみるか」ぐらいでOKですよ!

この記事を書いた人

高卒で就職→ブラック企業勤務→生きづらいと感じる→4月からフリーランス
ブラック企業で働いた経験を活かした自由へのブログです。

目次
閉じる