好きなことを仕事にして稼ぐ こちらから>>

ブラック企業で転職活動できない時の解決策は「すぐ辞めること」です

どうも、ブラック企業で「転職活動できないな」と思ったので、転職先が決まってないけど辞めた伊藤仁です。

どう考えても、世の中たくさんの仕事がありまくりなので、普通に会社を辞めても、速攻で転職出来るんですよね。

 

それなのに「転職先決まってないから、会社を辞められない」と悩む人を見ると心が傷みます…。

まぁ色々と思うところはあるでしょうが、この記事では転職先が決まってなくても、会社を辞めて良い理由を論理的に証明します。

 

ブラック企業はまじですぐに辞めたほうが良いですよ。この理由が気になる人は、この記事より先にブラック企業で働くことは自己責任?を参考にしてください。

 

それでは早速見ていきましょう。

目次

ブラック企業で転職活動ができない時の解決策

ブラック企業で転職の時間がない

結論は「ブラック企業をすぐに辞める」です。

結論:すぐに辞めるべき

ブラック企業をすぐに辞めましょう。

ぼく自身「ブラック企業を辞めようか迷う」期間が4年もありました。

 

その4年の中で「今年こそは辞めよう」と毎年思っていましたが、結局踏ん切りがつかずに辞めれなかったんですよね。

 

でも4年目の終わりに「でも若い時間は今しかないし、こんな低賃金で消耗する自分がみじめだ」と思って、思い切って辞めました。

 

✅結果不安は勘違いだと気づいた

実際思い切って辞めてみると、「ブラック企業以外の稼ぎ方」もたくさんあるんだと気づきましたね。

  • 例①:普通にアルバイト
  • 例②:失業保険をもらう
  • 例③:友人の仕事先で一緒に働く

例えば上記です。でもこういった例は、いわゆる「普通にみんな知ってること」だったりしますよね。

 

でも過去のぼくもそうでしたが、ブラック企業で働いていると「ブラック企業がすべて」だと徐々に思い込んでしまうんです。

 

こういった不安定な心の中で転職活動を進めても、良い結果は生まれないです。

 

なお、失業保険の貰い方は仕事を辞めたいけどお金がないときの解決策【すぐに辞めよう】で解説しています。

あわせて読みたい
仕事を辞めたいけどお金がないときの対処法【人生設計の見直し】
仕事を辞めたいけどお金がないときの対処法【人生設計の見直し】上記の悩みに答えていきます。 結論「会社を辞めてOK」です。ただ、これだけ聞いても「お金がないから生きていけない」という意見もわかりますので、本記事にて辞...

給料が貰えない不安は必要なし

多くの人は「ブラック企業だとしても、辞めたら給料が貰えないから辞めれない」という不安を抱えます。

ですが、先ほどの例を見てみましょう。

  • 例①:普通のアルバイト
  • 例②:失業保険をもらう
  • 例③:友人の仕事先で一緒に働く

といった感じで、稼ぎ方は本当にたくさんありますし、明日死ぬってこともありえません。

 

あと「アルバイトの期間があったら、転職活動に響くかもしれない」という不安も抱えますよね。

その点も「心配無用」です。

 

現在は売り手市場なので、どの企業も「人材不足」という問題を抱えています。

なので、「3年間ニートしてた」という人材なら話は別ですが、あなたのように「ブラック企業を辞めて、次の将来を明るく生きたい」と願う人材なら、問題なく企業も受け入れてくれます。

 

また「第二新卒」は、「企業が人材獲得」に大きな力を入れています。

下記の画像をご覧ください。

第二新卒

参考:マイナビジョブ20’s

 

積極的に人材獲得に動いている会社が「6割」を超えています。

上記は第二新卒のグラフですが、「6割の会社が人材不足」という裏付けでもあります。

 

こういった状況の中「やる気あるあなた」が転職活動を行えば、まず間違いなく「転職先がない」なんてことはありえません。

»会社を一年目で辞めたいときはどうすれば良い?【転職の基準を解説】

上記記事は一年目にフォーカスしてますが、第二新卒に共通した解決策を提示しています。

 

なので、給料が貰えない心配もないし、今すぐに辞めても「転職活動に悪影響が出る」なんてことも起こりえないので安心してください。

最重要は「焦らないこと」です

ブラック企業に転職しないためには「気持ちが最重要」ですでも書きましたが、転職において1番重要なのは「焦らないこと」です。

 

「早く辞めたい、転職先が決まればブラック企業を辞めれる」と思って転職をしても、またブラック企業に勤める結果につながる可能性が高まります。

 

「ブラック企業に転職しない方法」は記事後半で解説していますが、最重要は「ブラック企業を早く辞めたくても、焦らないこと」です。

適当な転職の未来とは

「早く転職先だけ決めちゃおう!」と考えるのは危険すぎます。

それより「転職先を決めるために、早く会社を辞めちゃおう」という方が結果うまくいきます。

 

ぼくの友人も新卒でブラック企業に勤め、転職したは良いけど「またブラック企業だった」という経験をしていますし、友人に限らず「適当な転職」をした人は、またブラック企業に勤める可能性が高いです。

 

なぜ高いかというと、「ブラック企業に転職しないための手順」を踏んでいないからでして、ちゃんと調べていれば確実に回避することができるんです。

 

まずはブラック企業を辞めて、焦らずしっかりと転職活動に時間を使うことが大切です。

ブラック企業に勤めていてもストレスが溜まるだけですし、給料も低く生活も苦しいままです。

 

まずはブラック企業を辞めましょう。

ブラック企業を辞めるための手順

ブラック企業を辞めるためには「退職届」を提出してしまうのが1番です。

 

原則、退職届を提出して「2週間後」には会社を辞めても良いとされていて、「退職は労働者の自由」だとされています。

»民法第627条 – Wikibooks

 

有給消化に関しても、ブラック企業とは言えど「取得させてくれるケース」は多いです。ぼく自身も有給を取得させてくれました。

 

でも中には「退職届を破り捨て、有給も取らせない」という狂った会社も存在するかもです。

そういった時の対処法はブラック企業を辞める際の退職届の書き方を解説【今すぐに辞めよう】で解説しています。

 

実際上司に「辞めます」というまでが1番辛いかもですが、会社を辞めてしまえばもう会うこともないですし、義理を感じる必要もないです。

 

自分の未来のために、できれば明日にでも退職届を提出しましょう。

あなたの価値は高いのに、まだブラック企業を辞めないつもり?

煽ってるように感じるかもしれませんが、普通に若ければ若いほど価値が高いのは事実です。どこの企業も若手の人材確保に悩んでるし、できれば将来のエースに育ってほしいと思ってます。

 

なので、行動するにはまじで早い方が良いですよ。「ブラック企業で絶対に働かなければならない」ような大義名分があるなら話は別ですが、特にないというのが結論でしょう。

 

記事の後半では、ブラック企業を辞めることを前提に、転職活動の手順を紹介していきます。なので、ブラック企業を辞めるつもりがない人は、この時点でブラウザバックしてもらってOKです。

価値ある時間」をなるべく無駄にしたくない人は、本記事通りに転職活動を進めてください。

ブラック企業を辞めた後の転職活動の手順を解説

ブラック企業を辞める

では実際に、「ブラック企業以外に転職する手順」を見ていきましょう。

  • ①:転職サイトで求人を探す
  • ②:転職エージェントに登録
  • ③:転職エージェントに求人を伝える
  • ④:推薦状付きで転職活動を行う

順番に解説していきます。

 

なお、「ハローワーク」を使っての転職活動は「絶対にNG」です。

ブラック企業の確率が圧倒的に高く、担当者のサポートも良くないです。

 

転職サイトと転職エージェントを使っての転職が1番安全です。

詳しくはハローワークのブラック企業の見分け方【実はすごく簡単です】を読んでください。

①:転職サイトで求人を探す

まずは転職サイトで求人を探しましょう。

「転職サイトがありすぎてどれを使ってよいかわからない」と思うかもですが、リクナビNEXTが1番のおすすめです。

 

業界最大手という安心感もありますが、何より「求人の掲載数が圧倒的に多い」というメリットがあります。

まずは実際に自分の目でどんな求人があるのか確認してみましょう。

転職エージェントに登録し、求人を伝える

次は転職エージェントに登録しましょう。

「えっ、転職サイトとエージェント両方使うの?」と思うかもですが、実際に両方使うことで両方のメリットが活きてきます。

 

先ほどの繰り返しですが、手順は下記の通りです。

  • 転職サイトに登録し求人を探す
  • 転職エージェントに登録
  • 転職サイトで気になった求人をエージェントに伝える
  • 推薦状付きで転職活動を進める

転職サイトは「自分で求人を探せる」メリットがありますが、「自分で企業と日程を合わせて転職活動をしないといけない」デメリットがあります。

 

逆に転職エージェントなら「エージェントが企業と日程調整」をしてくれたり、「履歴書の添削」をしてくれたり、「推薦状を出してくれたり」など、サポートが万全です。

 

どちらも使うことでそれぞれのメリットを活かした転職活動ができるので、両方使いましょう。

詳しくは転職サイトと転職エージェントの違いとは?【使い方の裏技も教えます】で解説しています。

 

上記を踏まえて使うべき転職エージェントは下記の通りです。

どちらも完全無料で使えて、担当者のサポートも信頼ができます。

 

個人的には、両方登録しつつ「自分と相性の良い担当者さんがいるエージェント」で転職活動を進めるのが良いと思います。

未経験でもやりたいことをやりましょう

ぼくとして思うのは、「未経験でもやりたいことをやった方が良い」と思っています。

企業側も「未経験OK」の会社が増えていますし、自分で自分の選択肢を狭めてしまう必要はありません。

 

過去の記事でも書いていますが、ぼく自身も「飲食業界→IT業界」と進んできました。

飛び込むのは怖かったですが、実際飛び込んでみると「すぐに慣れる」といった感じで、結果飛び込んで本当に良かったです。

 

あなたのやりたいことを確認して、「〇〇の職種で未経験OKな会社を希望」と伝えてみましょう。

若さを失うほど無駄な時間はないです

行動するか、しないか迷っている時間はないと思います。

結局「行動しようか迷う」時間が長ければ長いほど、「行動しない結果」に終わりますので。

 

過去を振り返ればわかると思いますが、「行動しない理由」を探してきませんでしたか?

しかし今「行動しない理由」を探してしまうと、あなたの未来は「ブラック企業で消耗し続ける人生」になってしまいますよね。

 

そんな人生を歩んでほしくないですし、何よりあなた自身も望んでいないと思います。

行動するなら「今すぐ」ですので、さあ勇気を出して進んでいきましょう。

ブラック企業で転職活動ができない時:まとめ

ブラック企業からの転職活動

というわけで本記事は以上です。

「ブラック企業を辞めたいけど、不安だ」と思うのは、「行動する前だから」不安に感じます。

 

1歩踏み出してブラック企業を辞めたり、実際に転職活動を進めることで不安はあっという間に消えます。

 

「自分は未経験だから…。」みたいな理由で歩みを止める必要はないので、自分の未来は自分で明るくしましょう。

 

まずは上記に登録し、自分の気になる求人を探してみましょう。

あなたの「辛いブラック企業生活」が終わることを願い、記事を終わりにしたいと思います。

 

人気記事 ブラック企業が少ない転職サイトのまとめ3選【転職のコツも解説】

人気記事 転職サイトと転職エージェントの違いとは?【使い方の裏技も教えます】

好きなことを仕事にして稼ぐ

くだらない仕事を抜け出す方法

好きなことをして稼ぐ人」が、なぜ好きなことでお金を稼げるのか知りたくないですか?

実はまったく難しい話ではなくて、ステップはたったの3つだけです。下記から情報を受け取ることで、あなたは「好きなことで稼ぐ自分」を手に入れることができます。

無料で知ることができるので、知ろうとしないのは損ですよね。
「まずは読んでみるか」ぐらいでOKですよ!

この記事を書いた人

高卒で就職→ブラック企業勤務→生きづらいと感じる→4月からフリーランス
ブラック企業で働いた経験を活かした自由へのブログです。

目次
閉じる